講師コラム

燃える氷!

koori
5~6年前から、入試に出る題材として授業で取り上げているものにメタンハイドレートがあります。
最近はニュースになることも多いので耳にしたこともあるかと思います。写真のように、ほとんど氷にしか見えない物質が、実は化石燃料で、炎をあげて燃えています。メタンガスが固体になっているようなもので、日本の海底下にかなりの量が分布していることが、数年前から分かっていました。問題は採掘する方法で、これが開発されれば将来の日本はアラブ並みの燃料輸出国になれるかもしれません。他の化石燃料はほとんど採掘できない日本にとっては、これ以上のものは無いでしょう。
このメタンハイドレートの採掘実験を、日本が世界で初めて愛知県沖で成功させました。
日本はこのような技術開発に対していつも遅れをとる癖があるように思いますが、先行している技術についての報道がより多くされ、国民全体が注目している状態をつくる必要があると感じます。
雨にほころぶ 初山桜 咲いた心を 知らせたい
龍馬が、恋の炎を燃やしたときの言葉だそうです。春です。

龍馬進学研究会への資料請求・お問い合わせはお気軽にどうぞ

  • 047-470-0059
  • お問い合わせフォーム
pagetop