講師コラム

エピソード4

次に紹介するお話は、中学受験に携わる人間としての僕の原点である。
 筆者は、丸ごと受験生の母。もう二十年近くも前になるので、今とはいささか受験状況が異なる。“原文”をできるだけのまま載せたいので、先に説明をしておきます。

 主人公は鹿児島ラ・サールを第一志望とする少年。当時は、開成中の入試は2月1が筆記、2月2日に面接、と二日間に渡っていた。巣鴨中は二次が2月3日で当日夕方合格発表。開成中の合格発表も同じく2月3日の3時くらいだった。そして、鹿児島ラ・サールだが、当時は2月20日過ぎの試験日程で、二日間の筆記試験だった。

〈2月7日〉
 “蛇の生殺し”という言葉がありますが、現在の心境はまさにそのようなものです。

 洋平は開成中に落ちました・・・

 が、言葉に出さずとも、彼は面接で言われた言葉に一縷の望みを抱いているのです。そして又、母である私も・・・

・・・それは何か・・・

 M先生(当時N研広報部長)の、「『開成に入ったら何がしたい?』と聞かれたら合格していることですから」と、攻玉社での面接模試で判定の際、洋平におっしゃった言葉です。
 洋平に限らず、他の子ども達は受験前から知っていました。先生は又、公開模試の会場でも、あるいはN研開成受験父母会の席でもおっしゃいました。

 一緒に受けた仲間が合格し、また自分が今まで一度とて遅れを取ったことのない子まで合格したこと、本人がこの試験で力を出せなかったのは事実ですが、納得のいかない負け方をしたことを悔いている上に、友達の中では一番長い面接時間であったこと、他の友達と質問内容が、一人だけ違っていたことなどから、自分はボーダーラインにいるのではないか、そしてM先生の言われたこと、過去の事例などから、もしかしたら繰り上がるのではいかという期待・・・それがわいて当然でしょう?

 親にしても同じです。仕事に行くと、たとえ確実に連絡を取ってくださるといっても、もし家にかかってきたらどうしよう・・・。と考えると外出も出社もままならず、本当につらいです。本人にたとえ失敗しても受かるほどの力があればそれでいいのですが、諦め切れない受験をしてしまったのですから気にするなというほうが酷です。

 試験の日、社会で時間を間違えて「3分の1は白紙」と言われたときは目の前が真っ暗・・・。友達があそこは○○○ここは△△△だなと言っているのを聞いて、書いて間違えれば納得もしようが、書かなかった上、自分にとってもは得意分野だったことがショックで、友達と肩を並べて歩きながら振り向いて私を見、小さく頭を振った時のあのさびしそうな。やるせなさそうな目、顔・・・忘れられません。

 帰宅後、彼がしたことはなんと問題のやり直し・・・。私なら見たくもないのに、部屋にこもり、“同じ時間配分休みなし”で始めたときは、閉められた部屋の白いドアに向かって私はただ涙が出てたまりませんでした。
 そして再び出てきた本人、算数のミスを見つけてしまい、社会はなんと40分足らずで解ききり、ほぼ正解。なんということでしょう。

 開成発表の日、巣鴨の入試日・・・。暗いうち父親と私の三人で家を出ました。
「この時間ならこの季節でも北斗七星が見えるはずだ。あっ あった!すげぇでっかい!・・・」空に大きな七つ星・・・まったくきれいでした。
 彼のその美しい余裕と、巣鴨は失敗すまいという気迫を感じました。

 試験後、会場から出てきたいつもの洋平、自信を静かに腹にためた力強さでした。合格発表・・・。西日暮里4時半過ぎ、合格者は大きな封筒を持って校門を出てきます。

 無いのです。

 まわりの音が聞こえなくなって・・・こんなもの?・・・という感じ。他の友達の確認をして、電車の中でも妙な興奮状態でした。大塚についてすぐに見にいく気はせず、喫茶店へ・・・。つとめて明るい洋平・・・最初は他人事みたいな話しをしていたけど、
「そんなにいい子でいる事はない。言い訳でも、負け惜しみでもなんでもいいから言っちゃえ・・・出しちゃえ。」
 と父親が言うと、たまらなくなったのでしょう。・・・うつむいて、ひざに顔をうずめるようにして泣き出すのです。必死に声を押し殺し、肩を震わせて・・・。

 十二年の人生で、彼が流したおそらく初めての苦い涙・・・。親の方もくずれるのを抑えるのが必死でした。

 どれほどの時間が経ったのでしょう、外はすっかり暗くなり、父親に、「そろそろ行こうよ・・・。ケーキ食べられないだろう?」と言われ、頭を上げた洋平、冷めた紅茶を一気に飲み干し、ケーキを口に放り込みました。

 帰ってくる受験生とすれちがうのがいやだったのでしょう、
「こっちの方が近いよ・・・」
 と言って別道を通ろうとします。黙ってついていきました。

 門の所で江連君(洋平の大親友)と会う。洋平たちは気づかず掲示板へ向かった。江連君に洋平の番号があったことを聞く。彼に開成おめでとうと言っていたら洋平がやってきて二人で握手。合格通知をもらいに行く洋平に向かって暗い校庭中に響き渡る声で、
「川瀬! ラ・サール頑張れよ!」と江連君。
「おう!」と洋平。

 後で主人に聞いた話・・・。

 階段を昇りながら必死で歯をくいしばっていた洋平。ニコッと事務の人に笑いかけられ、涙があふれはじめ、
「川瀬君ですね。おめでとうございます。」
 これでどっと涙だった。

〈2月17日〉
 もうすでに神はレールを敷いてあるのではないかと思う。洋平の行く道は我々には見えていないだけで、ラ・サールの結果ももう決まっているように思う。

 一週間、はっきりいって奇跡を待った。そのとき、ふと、受験勉強を始めた頃の日記を読んだ。そして何故我々が洋平を公立ではなく私立へやろうとしたのか・・・その原点をみつけ、思い出した。
 私たちはその時、開成、ラ・サールといったトップ校のことは頭になかった。ただ、彼を“いい男”にしたい。スポーツと勉学と友情、そして豊富な経験に基づく教養を得させたいと・・・
 そのためには公立のカリキュラム、学校生活では無理と判断したのだった。しかし、勉強を進めていくうちに、彼の努力で開成、ラ・サールを狙える力がついてきたということだ。目的がそこにあったのではなく、努力の結果がそこに見えてきたということか・・・
 ここのところの自覚を忘れ、やはり開成病になっていたんだね。

「洋平止めよう。繰上げを待つなんて、あなたもお母さんもおかしかったね。どうかしてた。第一志望はラ・サールなんだもの。明日からまた頑張ろう」

・・・結果はもう用意されていると思う・・・

〈2月20日〉
 朝、羽田へ送る。
 どんな結果でも受けようという素直な気持ちと、諦めきれない親の見栄が絡みあって複雑な思いの私に比べて、静かな表情の洋平。

〈2月21日〉
 朝、鹿児島よりの電話。
 ・・・パンツ忘れちゃった(自分で支度をしていったので)! 大笑いをする。大丈夫だ。

 夜、鹿児島よりの電話。
 ・・・力を出せたと思う。

〈2月22日〉
 朝、鹿児島よりの電話。
 ・・・パンツ買ったよ。元気で行ってくる。

〈2月23日〉
 電報を受け取るため、早めに帰宅。
 洋平は、英語〈当時、卒業生のためにあった中学準備講座)に行くかどうか迷っていた。
「あなたが自分の力をすべて出した・・・と、さわやかな思いがあるなら行きなさい。もし落ちていたとき、家にいたってことは自分に恥じることだし、卑怯だと思うよ」
「うん、わかった。N研へ行くよ」
 と、靴を履きかけたときに電話・・・。N山先生からだった。合格の報だった。
 鹿児島の先生が見て下さり、本部に連絡があったとのこと。M君(いっしょにラサールを受けた塾の同級生)にも早速知らせてあげた。父親にも知らせる。「よかったぁ・・・」の一言。

 信じていながらも、正式の電報が来るまでの三時間は長く、落ち着かなかった。
 教室へ電話。
「おめでとうございます。よかったですね。本部からすぐ連絡があったんですよ。今、安本先生がいらっしゃいますから代わります」
 一方的にはずんだ事務の方の声に代わって先生は声を詰まらせて、
「終わりました・・・」
「川瀬が一番いい入試をしました。落ちて、苦しんで、そして最高の結果を出しました。何から何まで彼にとっては最高の経験。幸せな奴です」
 先生のおっしゃった通りだと思います。このお言葉は、本人、我ら両親にとって最高のねぎらいとごほうびでした。

 小さい頃から、努力すれば必ず自分のものとなる、と教えてきました。運動実技、遊びの技能、勉強・・・。しかし、中学入試は、努力は必ず報われるとは言い切れない余りにも大きな挑戦・・・。楽しく勉強していた彼の、2月3日以降の日々が本当の入試だったように思います。
 子どもを励まし、指導してくださった先生方、友達の温かい友情、そして本人の努力・・・。これらが子どもを成長させてくれました。
 この日々の思い出は切なくなるほど愛しい。子にも親にも素晴らしい宝物となるでしょう。

〈後 記〉

 日ごろから事あるごとに記録している、我が家のノートに書き留めてあったものです。塾の父母会や学校説明会、お弁当のメニューまで。読み返すとまるで昨日の出来事のように思われます。
 このようなドラマは中学入試をしたどのご家庭でもあることでしょう。事実、入学後の生徒を見ていると、どこかで傷ついた子どもが多いのです。思い出しても胸がしめつけられるのは親のみかもしれませんが、十二歳の子が、しっかりと青春したことは確かです。
 そして今、私は後に続くいろんな子どもを青春にひきずりこんでいるところです。

川瀬洋平 母

龍馬進学研究会への資料請求・お問い合わせはお気軽にどうぞ

  • 047-470-0059
  • お問い合わせフォーム
pagetop