講師コラム

ニホンウナギ

unagi
国際自然保護連合(IUCN、スイス)が2014年 6 月 12 日、絶滅の恐れがある野生生物を指定する「レッドリスト」
に、ニホンウナギを加えたと発表しました。
ニホンウナギは、その生態の解明が極めて困難であるとされていましたが、2006 年 2 月に、東京大学海洋研究所の教授・塚本勝巳をはじめとする研究チームが、産卵場所がグアム島やマリアナ諸島の西側沖であることを突き止め、孵化後2 日目の仔魚を多数採集することに成功し、その遺伝子を調べニホンウナギであることを確認しました。
翌年の入試問題には、この内容を取り上げる中学校も数多く見られ、千葉県内校でも出題されました。
つい先日、今年は鰻の稚魚が豊漁で、高騰していた価格も落ち着くのではないかという見込みが発表されたばかりですが、これにより一層取引価格の上昇を招く可能性が懸念されます。私は、成田の鰻屋に行くのを毎年楽しみにしていたのですが、そのお店も価格高騰の打撃で閉めざるを得なくなってしまい、しばらく美味い鰻を食していなかったので、今年は別の店で食べてみようかと楽しみにしていたのですが、とても残念です。 

龍馬進学研究会への資料請求・お問い合わせはお気軽にどうぞ

  • 047-470-0059
  • お問い合わせフォーム
pagetop