龍馬進学研究会とは

千葉県船橋市・津田沼駅前の龍馬進学研究会は小学生を対象にした中学受験学習塾です。近隣の津田沼小・前原小・谷津小を始め総武線の本八幡や千葉駅など沿線からも多くの生徒さんが通っていただいております。

設立の主旨

安本

僕たちは、会社ではなく、本当の塾を創りたかった。

― 塾とは本来、「先生」のことを指す。「授業」のことを指す。 ―

「この人に学びたくて行く所。」
それが塾のたたずまいであると思っています。

したがって、我々の言葉よりもシステムやデータを必要とされる方は、会員に募集するつもりはありません。
そういう塾に行かれるべきです。

国語も算数も理科も社会も、究極的には人生そのものに触れていくために学ぶものです。

「何を学んだか」よりも「誰に学んだか」

の方がはるかに大切だったと思います。
同じ勉強をするなら、先生を選んで、信じてやっていくべきです。

龍馬の授業を直接受けてみて下さい。
道化師もいればお人好しもいます。一生モテそうにない奴も。

しかし、人を妬んで足を引っぱるような腸の腐った人間はひとりもいません。だれが何と言おうと、自分を生きるカッコよさがある
と思っています。

どうか他塾の授業を見て来て下さい。比べた後に結論を出してください。他塾の授業の方がより魅力的であるなら、
そちらを選ぶべきだと考えています。

なぜなら、
塾の魂(いのち)は先生であり、授業だからです。

講師紹介

安本 満

安本 満(アンポン)
Mitsuru Yasumoto

国 語
龍馬進学研究会主宰

元N研国語の超看板講師。1999年龍馬を創立。
"アンポン"節と呼ばれるカリスマが当時の千葉N研各科トップ講師をひきいて独立。
「塾とは先生のことである」と宣言し、進学塾激戦区の津田沼で大手塾の向こうを張り、クチコミだけで有名になる。
江口 隆弘

江口 隆弘
Takahiro Eguchi

算 数

「アンポンに魅かれ、龍馬に入り、江口を知って龍馬を卒業する」と言われる。
基礎・基本からの丁寧で粘り強い指導で、算数ができない塾生がいなくなるとまで評される。
親しみやすい人柄は生徒・保護者からの絶大なる人気をえている。
中村 健

中村 健
Ken Nakamura

理科・数学

その算数の切れ味は"天才"と称され、どんな問題もアッという間に易しく解いてしまう。
二十代にしてN研の算数主任となる。
盟友であり、先輩であるアンポンとの"絆"は夢の合体となって実現。
赤尾 知佐子

赤尾 知佐子
Chisako Akao

龍馬 隊長

「アンポンと同じ血が流れている実の娘」と称される。
N研女子職員のリーダー時代から非凡な才能を認められ、龍馬の常識はずれと言われる型破りの戦略のすべてを企画・実行する司令塔的存在。
子どもたちは彼女のことを「隊長」と呼ぶ。
遠藤 久

遠藤 久
Hisashi Endou

社会

龍馬の弱点と言われた社会に待望の大物登場。
元N研社会科の最高給トップ講師。
アンポンとは高田馬場以来10年ぶりのチーム編成。
その顔から"エビスの遠藤"と親しまれるが、独特の社会科教育論と人生辻説法は必見。
篠崎 汎史

篠崎 汎史
Hirofumi Shinozaki

ER本部長

大手進学塾N研算数科を定年退職。
アンポンに「是非」と乞われ、「授業は勘弁してよ」といいながらも、少年龍馬生と個別質問対応(ER本部長)を引き受けてくれる。
アンポンの心優しき理解者。

概要・アクセス

名称 龍馬進学研究会
所在地 〒274-0825  千葉県船橋市前原西2-21-8 松沢ビル2F
TEL. 047-470-0059
アクセス 電車の場合
●JR津田沼駅 北口を出てパルコ方面に直進し、徒歩3分。
●新京成線新津田沼駅 パルコの裏を通り、津田沼交差点へ。徒歩4分。
自動車の場合
津田沼交差点
申し訳ございませんが、駐車場がございませんので、近くの有料駐車場をご利用下さい。
  • 教室イメージ
  • 教室イメージ
  • 教室イメージ

よくある質問

難度について

人気はあるがレベルが高く厳しい塾だと聞きますが?

入会試験は次の2点のために行います。
ひとつは教室の収容人数と講師数の点で無制限に受け入れられないこと。
もうひとつは、集団授業である以上あきらかに授業についてこれない生徒を受け入れるのは、逆に不親切なことであるとの思いからです。
ですが、実際には収容人数を超えた年度は約20年間で一度しかなく、人数による足切は一度もありません。実際に年に何名か不合格を出す年がありますが、それは本当に"進学塾"の授業ではただの"お客様"になってしまうのは申し訳ないとの思いからです。そういう生徒のための個別指導授業も用意しましたし、できる限りの入室の受け入れを考えています。

"厳しい"ということについては、何に基準を置くかで評価は分かれると思います。もし、「叱る」という行為を"厳しい"の基準に置くのなら"厳しい"といえるでしょう。
私たちは小学生時代に「やるべきことはやるのがあたりまえ」という習慣を身につけることが一生の財産と考えています。「"尊重すべき人格"を育てる時期」には厳しさとユーモアと感動が必要でしょう。

習い事について

習い事との兼ね合いはどうでしょうか?

龍馬の4年生の通塾日は、水曜と金曜の週2日、5年生になるともう一日月曜日が加わって週3日になります。
龍馬は「受験のためにはすべてを犠牲にすべき」という立場はとりません。実際に6年生の夏や秋までサッカーや合唱をやり続け、超難関の第一志望に合格した子は何人もいます。
ただし、ふたつを追いかける以上、楽な道のりであるわけがありません。それを承知の上で、どちらもやり続ける子どもであるなら、龍馬は応援を惜しみません。

科目担当の先生が3年間同じだということですが?

科目担当の先生が3年間同じだということですが?

龍馬という塾を自己評価すると、「可も有り、不可も有り」というところです。
我々は20年前大手塾から独立したわけですが、その時の一番の思いは「卒業まで子ども達を見届けたい」という思いでした。
同じ講師が担当するということは、その子の性格・成績を把握することはもちろん、4人の先生が一人の生徒についていつでも話し合えるメリットがあり、本人・保護者との信頼関係も深く築けます。
何より我々に子どもを預かる責任感が強く生じます。そういう塾を創りたかったわけです。
当然、相性が合う合わないという問題はあるでしょう。ですが、それはたとえ何人先生がいようと生じる問題でしょうし、龍馬の講師はおそらくどこの塾のトップ講師と比較してもヒケをとるものではないという自負はあります。

"塾選びの一番は講師を見ること"であり、それ以外の基準はないと思っています。ですから、龍馬を選ぶということは講師を選ぶというのと同じ意味だと思います。

龍馬進学研究会への資料請求・お問い合わせはお気軽にどうぞ

  • 047-470-0059
  • お問い合わせフォーム
pagetop